スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【自作PC】Sandy BridgeでPC自作。その2

ほんのちょっと前にSandy Bridgeの日記を書いたのに突然知人からのPC作成依頼が入ったのでまたまた

Sandy BridgeでGO! PartⅡ

をお送り致します。

しかしながらおそらく内容はほとんどモロかぶりです。

でもまぁそんな事は気にしない!

パーツ

今回の依頼者のPC用途としては、ネット閲覧や写真の編集、年賀状作成くらいとの事。
特に年賀状作成がメインとか。

12月と1月にしか稼動しない悪寒。

まぁそんな事は個人の自由なのでキニシナイ。
とまぁそんな用途なので前回の子供用のPCとほぼ同じスペックで進行。

一応前回と違うところとしては

マザボをAsrockのH67M、HDDをWD15EARX 1.5TB、メモリをW3U1333Q-4G 4G×2 にしたところくらいかな。

用途的には充分なスペックと思われる。

ケース

ケースはサイズのEVE「イブ」。イヴではないらしい。

ケースはなるべく小さくしてほしいとの事だったのでMicroATXサイズに。
ITXサイズも考えたけど、後々不慣れな人でもケース内の掃除が容易なケースにしたかったのでコレに。

あと人様の物なので保護シートは必要最小限の部分しかはがしていません。
やはりコレを剥がすのは所有権のある人の特権でしょう。

マザボ

マザーボード全景。
大きさが違うだけで前回とほぼ同じ。

CPUソケット

CPUソケット。右側の鉄の棒を外してカバーを開けるわけですが、上に上がる方に力が掛かっているのでゆっくり慎重に開けてください。
途中で手を離すと跳ね上がって毛が100本程抜ける結果になります。

CPU向き

あとCPUを乗っける向きですが、CPUの切り欠きの部分(赤丸印)を合わせてやればいいです。↑

CPUカバー

前回書きました「ソケットの手前のビス」というのが赤丸のところです。↑

このビスを挟み込んでカバーを閉めます。

もちろん我が人生の10年分をここに捧げてください。

マザボ完成

では前回にも増して端折ってイキマス。マザボ完成。

ここまで携帯電話で写真を撮っていたのですが電池切れでデジカメに。

ケース組込み

ケース組み込み。予想以上にスペースが狭くケーブルの煩わしさが2.5倍(当社比)に。タバコの本数は3倍に。

組込み完了

そんなこんなで組込み終わり。ケーブルがファンに接触したり風の流れを遮ったりしないよう配線するのに血の涙を流した一品。

電源の上に光学(DVD)ドライブ、その上にHDDが付いてます。

BIOS.jpg

そして今回はBIOS画面の写真が撮れました!頑張りました。

そして携帯電話復活。

最近のBIOSはUEFIといってマウスで操作できたりしてゆとり万歳仕様になってます。よき時代の到来です。

ではWindows7をインストールしていきましょう。まず上のほうにある「BOOT」というボタンを押します。

BOOT設定

BOOT(起動優先順位)設定画面です。

ここで光学式(DVD)ドライブを「Boot Option #1」と書いたほうに設定します。

これで電源を入れた際に光学式(DVD)ドライブから読み出しにいきます。

次にWindows7のディスクを入れて「F10キー」を押します。

保存終了

保存して終了しますか?と聞いてくるので「YES」をクリック。

あとは勝手に再起動をしてインストールが始まります。

ドライブOP

そしてちょっとするとWindows7をインストールする場所を聞いてきます。

右下のドライブオプションをクリックして新規を押しパーティションを作成します。

パーティション

今回は1.5TB中300GBをCドライブとしてWindows7を入れたいので「300000」と入力し適用クリック。

1000MB = 1GB

残った約1.1TBでまたいくつもパーティションを作れるのですが、今回は残り全部をDドライブとしたいので残ったほうをクリック>新規クリックで。

パーティション2

サイズは残り全部のサイズが自動的に出てますのでそのまま適用。
システムで予約済みっていうのは勝手にできちゃうみたいなので無視。

あとはWindows7を入れたいパーティションを選んで「次へ」をクリック。

こんな感じであとは指示通りに進めていけばインストールは完了します。

ここにきて中の人の腰痛が爆裂したのでこれ以降の写真はありません。


やはり完成までの時間は5時間くらいですね。
さすがに疲れますが、やっぱり好きな事なので時間は忘れてしまいますねぇ。

というか好きじゃないと人様の分まで作ってられませんよね。


お金があったらもっともっといろんなスペックで遊びたいのですが…そうそう世の中甘くないのが現実なワケで…w
まぁ無ければ無いなりに遊んでブログに書いていきますよ。


というワケで今回はコレマデ~。

ではまた~。

関連記事
スポンサーサイト
[ 2011/10/30 23:23 ] パソコン自作とか全般。 | TB(0) | CM(0)

【自作PC】Sandy BridgeでPC自作。

なんとなく気が向いたのでブログ更新。

そもそもブログに書き留めれるような出来事もそうそう無い人生。
まぁブログというものは日記なので毎日しょうもないことでも書くのがアレなんでしょうけど。

無理

というワケで今回はタイトルに書いたように

Sandy BridgeでGO!

をお送り致します。

これからSandy Bridgeに挑戦しようとしている方の参考になれば幸いです。


実はCore i5にて以前製作済みだったりしますが。

まぁ今回はサブ機(というか娘用)を作ろうという事でGO!です。

2011092108560000.jpg

パーツは全てネット購入。
一歩も外に行かずともモノが手に入る…なんともいい世の中になったものです。

CPUその他

マザボはASRockのH67M-ITX、一度でいいからITXを組んでみたいと思っていた夢が叶った瞬間。

CPUはCore i3 2100 BOX、本当はTやらSのついた省電力タイプにしようと思ったのですが、性能的に劣るという情報を小耳に挟んだため無印に。真相は不明。

メモリは安モ〇の定番、CFDのW3U1333Q-2G(2G×2枚組)。安〇ノといっても今まで何十枚と使ってきたけど一度も失敗が無いので充分信頼度は高め(自己採点)。

HDDはWestern Digital のWD5000AAKX-R。子供用なので500Gでも充分過ぎるほどかと思ったのですが安かったのでコレに。
また、せっかくのSandy BridgeなのでインターフェイスはSATA6.0Gb/sに。

OSDVDD.jpg

DVDDは確かLGのGH24NS70SL…だったと思う。コレはいつだったか予備で買っておいたものだったので型名は良く覚えてなかったり。まぁ普通のマルチドライブ。

OSはWindows 7 Home Premium SP1。もちろん64bitで。

ケース

そしてケースはサイズのSCY-403-ITX-BK。ITXのケースとしては大きめ。
ホントは超小型マシンを作ってみようと思っていたけどやはり電源不足の不安を抑えきれずコレに。
ケース付属電源は300W。

写真が多少ピンボケなのは中の人の基本性能。限界です

ではさっそく製作開始。

マザボ

まずはマザーボードを取り出し。

ITXにしてはバックパネルのポートは豊富。てか充分すぐる。

CPUクーラー

CPU取り出し。今回はリテールクーラー使用。今まで知人、友人に20台ほどPC製作したけどリテール使用は初かも。
薄型クーラーの為小さいケースでも干渉しにくい印象。グリスはすでに塗布済み。なんてゆとり。

CPUソケット

さて、ここからが製作の肝、CPUフェードインです。(勇者ライディー〇調に)

CPUソケットの横にある鉄の棒にて慎重にカバーを開けます。
黒いプラスチックカバーを外すと、これでもかというくらい繊細なピンがずらりと並んでいます。

このピンを曲げたりするとTHE END Death(です。)

CPU乗せ

そして我が人生の10年分をここに捧げるくらいの意気込みで慎重にCPUを乗っけます。
絶対ピンの上とかに落とさないように慎重にです。

もし落としてしまうと間違いなく10歳老けます。

また取付け方向もあるので注意。これはマザーボードやCPUに添付の取説に書いてあるので参照。

次にカバーを閉めるのですが、これがまたけっこうな力が要ります。
しかもメリメリッとまた5歳ほど老けそうな音も出ます。

しかしここは心を鬼にして思い切って閉めましょう。
※ソケットの手前にあるビスの頭にカバーを挟み込んで閉めましょう。
カバーを開ける前の状態を覚えておくと吉。

NEC_0010.jpg

CPUファン取付け。特に向きはないけどファンコネクタの位置や線の引き回しで決めればおk。

メモリ乗せ

メモリ取付け。向き有り。切欠きの部分に注意。
しかし最近のはあまり力が要らないようになっているんだねぇ。メーカーによって違うのかもだけど。

というわけでとりあえずマザーボードはこれで完成。

組み込み

次にケースに組み込んでいきます。

バックプレート取付け。マザーボード取付け。
ケースの電源スイッチやLED用のケーブルの取付け。このケーブルの取付けが意外とネックでめんどい&やりづらくて毛が30本ほど抜けます

まぁマザーボードを組み込む前に接続するとそうでも無いかもなんですが、ほぼ毎回鉄板で後の祭りです。

組み込み2

そしてかなり端折りますがDVDドライブとHDD取付け。

これで一応本体は完成になります。

そしてこの辺りから中の人の腰痛と精神力が限界値をはるかに超えていますので、BIOSの設定やOSのインスコ風景の写真等はまったくありまてん。ありまてんとも。

完成


そして完成。

袖机に強引にIN!

ホントは縦置き専用ケースなんですがまぁヨシ。
ちなみにモニタはLGのW1946T-BF。モニタアームを付けて使わないときは横に向けれるように。

まぁ出来上がるまで延べ5時間程度でしょうか。
途中適度に休憩しないとアレになっちゃいますね。トシだし。

使用感としてはやはり最新システムだけあってストレス無く動く感じですね。
CPU内蔵のGPUも思ったより性能はいいかも。まぁグラフィック性能を必要とする作業は試してないし、今後することも無いだろうから特に気にしない。

やっぱPC作るのって楽しい!
また作る機会があったらレポートしてみたいと思います。

ってな感じで今回のSandy BridgeでGO!はコレマデです。


ではまた気が向いたら更新します。
ごきげんよう~



関連記事
[ 2011/10/24 15:52 ] パソコン自作とか全般。 | TB(0) | CM(4)








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。