スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【自作PC】Let'sGO! Socket478。

以前の日記(「最小構成でGO。」参照)でも書きましたが

マザボ
物持ちがいいにも程があるほどのマザボの山。

コレらの動作試験に着手中です。まだ以前の日記のマザボしかやってませんが。

だってめんどくs(ry

というワケでちょっと重い腰をあげてもう一枚ぐらいやってみようかなと思い立った次第です。

そして今回白羽の矢が立った特選素材はコチラ。
GA-8IPE1000.jpg
好きな人にはたまらない一品、GYGABITEのGA-8IPE1000 Pro2です。

チップセットはIntel 865PE/ICH5、プラットフォームはSocket478

この頃のGYGABITEのマザボは色が鮮やかで自作意欲を掻き立てられましたよねぇ。
PCショップのウィンドウ越しでよだれを垂らしながら眺めていた思い出が蘇ります。

さて、レンタルした(延滞金発生間近)パイレーツオブカリビアンを見ないといけないので先を急ぎます。

と、ここでトラブル発生。

その1.Socket478のCPUが無い。(CPUファン含)
その2.DDR1のメモリが無い

恐れていた事が現実になった瞬間。

無造作にパーツを突っ込んでいるダンボール数箱をひっくり返す事小一時間。

ありますた。

Pen4 1.5
Pentium4 1.5GHzとそのリテール(と思われる)ファン。

たしか数年前に起動試験用に郵送料のほうが高いような値段でオークションで落札したもの。
Pen4.jpg
CPUの裏面は剣山のようになっています。まぁこのピンが478本あるんですな。

そしてまたこのピンがやたら繊細で曲がりやすくて取り落としたりしちゃった日にゃ5分くらい宇宙空間へ飛ばされた感覚に陥ります

臨死体験とも言いますね。毛の100本や200本は鉄板で抜けます。

あと一応メモリもPC2700の256MBが一枚見つかったので一安心。おそらくOSについていたジャンクメモリ

これで試験が開始できる…とここでトラブル発生

その3.AGPのグラボが無い

このままでは電源が入って扇風機が回る事を確認するくらいで終わってしまう…。

これではイカンと颯爽とマザボ変更(グラボを探す気力は既に皆無)。

GA-8IG1000.jpg
GYGABITEのGA-8IG1000 Pro-Gです。

まぁ見た目はほとんど一緒ですね。オンボードのVGAの出力があるか無いかくらいなので写真を流用してもバレません

というワケでパーツの準備は完了したので試験を開始…と思ったのですが

本題までの前振りが長過ぎて疲れてしまったので今回はコレマデデ。

パイレーツなんたらを見ないといけないのと明日普通に仕事なので続きは次回へ。

ではまた~オヤスミナサイ。


関連記事
スポンサーサイト
[ 2011/11/28 00:30 ] パソコン自作とか全般。 | TB(0) | CM(0)

【自作PC】Windows7へGO!。

どうもその日にあったことをその日にブログに書けない人生を送っております「きまぐれ」ですコンバンハ。

さて話は遡ること何日か前の事。
以前クリアケースに入れ換えたサブ機のOSをそろそろWindowsXP 32bitからWindows 7 Home Premium 64bitに移行しようかなと思っておりました。

サブ機
↑これ。

ただサブ機のスペックは

CPU:Core2Duo E6850
メモリ:PC2-5300 1G×2 512M×2 計3G
マザボ:P5K-E/WIFI-AP
HDD:SATA 160G
グラボ:GF GTS250


とIntel P35/ICH9R チップセット、LGA775世代のモノ。

このスペックでWindows 7 64bitが快適に稼動できるのか、また3Dのネットゲームはまともにできるのか不安でYahoo知恵袋で質問してみたりしました。

まぁ移行するならメモリをP5K-E/WIFI-APの最大8Gにしてグラボもメインからのお下がりのGTX465に換装するという前提でしたが。

回答して頂いた人は二人と少なかったですが、同じようなスペックで普通に稼動しているようだったので検証も兼ねて実行する事に。

UMAX 8G
UMAXのDDR2-800 2Gを4枚購入。

電源630W
あと電源も450Wのヘタレ(メーカー失念)だったので玄人志向のKRPW-P630W/85+を購入。

グラボ取外し
さっそくケースを開けグラボの取り外し。
このケース、カバーを開けるのにビスが4本もあってけっこうめんどいデス。
でもグラボのケース固定はビスレスです。
うまくできてるんだかできてないんだか。

グラボ比較
GTS250とGTX465の比較。GTS250がめっさ貧弱に見える1ショット。

電源準備
この電源はプラグインタイプなのですが、ケーブルが専用の袋に入ってて何気に高級感があります。

電源換装
グラボと電源換装完了。EPS12Vの8pinケーブルが遠くてグラボをまたがないと取り付けできない始末。
それだけこのケースが規格外だという事ですね。いい事デス。
ケース内のスペースが広々としていて中の人はケーブルをまとめる気も無くなっています

また光学ドライブが未だにIDEなのも泣かせる要因になってます。

メモリ換装
メモリ換装。さりげなくギンギラギンになりました。トシは聞かないで下さい。

起動・BIOS
そして全ての換装が終わり起動。
無事BIOSも立ち上がり、メモリも8G認識されました。

Boot設定
そしてWindows 7をインストールすべくBoot設定。
起動デバイス1を光学ドライブに設定して保存して終了。

あとは以前書いた日記と同様インストールが進んでいきます。

注意するのはインストール後ですね。

この時期のマザボのドライバディスクではOSがサポートされていないためドライバが入れれません

なのでドライバ類はマザボメーカーのサイトから取ってくる必要があります。

ここでもう一つ注意しないといけないのが、インストール後LANドライバが無いためネットにつながらない恐れがあります。

なので他にネットにつながるPCが無い場合は、Windows 7に移行する作業前(ネットがまだ繋がる状態の時)にUSBメモリ等に保存しておく必要があります。

ドライバ
ASUSのドライバ置き場です。
ここでチップセットやLANドライバをUSBメモリに入れておけば安心です。

ゲーム
あと気になっていたWindows 7移行後の3Dのネットゲームの稼働状況ですが、グラボとメモリをグレードアップしたのもあってかXPの時より動きが良くなりましたね。

思ったほどWindows 7はスペックを要求しないのかもしれませんねぇ。

というワケでWindows 7への旅立ちでした。

では今回はコレマデ!

また~。

関連記事
[ 2011/11/24 02:28 ] パソコン自作とか全般。 | TB(0) | CM(0)

【自作PC】最小構成でGO。

マザボ

昔から予備としてマザーボードを溜め込んでいました。
といってもSocket478LGA775といった既に使用もしてないし使用する予定も皆無のためオークションに流そうかと思案中。

しかしながらほとんどのものがオークションで落札した「完動品」と謳われていた中古品。しかも届いてから一度も火を入れていないものばかり。

なので本当に動くかどうかもあやしいところ

そこで「完動品」として再度オークションに流せるか確認する事に。(まぁ完動品といってもBIOS立ち上げまでですが)

確認方法として最小構成で起動です。

コレはPCの故障や組み上げた際に起動しなかった時等で不具合箇所を特定する際にも用いられる方法です。

今回使用したマザーボードはGIGABYTEのGA-8I945GMF。LGA775の945Gチップセットです。

最小構成
マザーボードにCPUCPUファンメモリのみを装着。

接続
あとはキーボードと電源とモニタを接続。これで準備完了。

PS2.jpg
マザーボードによってはUSBではなくPS2コネクタのキーボードしか反応しない事があるので変換コネクタを取付。
この変換コネクタ、以前のマウスやキーボードにはほとんど付属してたけど最近のは無いんだねぇ。

スイッチ
あと優れモノグッズがこちら。スイッチです。
PWスイッチ
以前は電源を入れるのにマザーボードの「PWRピン」をマイナスドライバで短絡させたりしてましたね。

ただ下手なところに触れて故障させてしまうのもアレでしたし、目がチカチカするし腰が痛いのでもうこのグッズ無しでは生きていけまてん。

起動
そしてスイッチオン。すぐキーボードのDeleteキーを押しっぱなしに。

腰が痛いのでピンボケですがBIOSが立ち上がりました。とりあえずこのマザーボードは安心です。

Award BIOS
BIOS画面も特に問題なし。この時期のGIGABYTEのBIOSは真っ青なバックで華やかに見えましたねぇ。
もうちょっと後の時期になると日本語表示にもできたんだっけかな。


それで起動できない時の不具合箇所特定方法としては、とりあえずこの最小構成にして起動してみるといいでしょう。

それで起動すれば外したもののうちのどれか。
起動しなかった場合はCPUかCPUファン、メモリ、マザボという事になります。

メモリを入れ替えたり、挿すスロットを変更したり一枚挿しにしてみたりしてみるといいでしょう。
それでもダメならCPUのセットしなおしですね。
要は消去法です。的をどんどん絞っていけばいいわけです。

※電源とグラボは安くてもいいので最小構成専用で新品を購入しておく事をオススメします。

というのも、故障する可能性の高いものとして電源グラボが上げられるからです。

これらの予備を用意しておくことで更に特定しやすくなります。

こういった感じで不具合箇所も特定しやすくなるスバラシイ手法なのですYO。

あぁあと感電及びファン注意です!

特に小さなお子様がいるご家庭では細心の注意が必要です。CPUファンはけっこう高速回転していて触れるとかなり痛いです。

というか切れます。(切れました。)

なのでその場を離れる際はコンセントを抜くなりの危険要因を排除しておきましょう。

また地絡等の故障防止のためにプチプチシートやダンボール紙等の上に置いて作業しましょう。

以上、注意事項でした。


というワケで引き続き山ほどある在庫をすべて確認する事に。

しかしながら腰が痛いので今日はコレマデ!

ではまたー。





関連記事
[ 2011/11/20 00:04 ] パソコン自作とか全般。 | TB(0) | CM(0)

【自作PC】グラボ換装でぬるぬる計画

これもちょっと前…というかいつだったか忘れるくらいですがメインPCのグラボを換装してみました。

玄人志向
玄人志向のGF-GTX560TI-E1GHW (GPU:GeForce GTX 560 Ti)です。

メインPC
こちらがメインPC。GTX465>GTX560Tiに換装です。

MicroATXサイズのケースのためグラボの長さや補助電源コネクタの位置等制約があったのですが、なんとか条件クリアできるものとして今回の製品になりました。

560Ti.jpg
空冷ファンは2個、補助電源は6Pin x 2でコネクタは上(?)側、2スロット占有

開始
換装作業開始。

取り外し
ケースへの固定ビスを取り外し、マザボの外れ防止を解除

ASRockの外れ防止は横にスライドさせるタイプでセットも解除もかなり楽。
ASUSの引っ掛けるタイプのものはでかいグラボだとセットはいいけど取り外す時は毛が150本くらい抜けるほど大変。(最近のはどうか知らないけど)

比較
比較してみるとGTX560Tiのほうがコンパクトな上に冷却性能がよさげ。というかGTX465の冷却性能が悪すぐるように見えなくもない。

換装
見えにくいですがサイズ的に以前より余裕がある感じ。風の流れも良くなりそうで冷却効果にも期待が持てそう。

出力
VGA出力の比較。ほとんど一緒

ドライバ
そしてnVidiaのサイトからグラフィックドライバをオトして換装完了。

今までも何度かグラボの換装をしてきましたが、相性が悪かったり起動できなくなったとかいう不具合にはあった事がありません。
まぁツイているだけなのかわかりませんが、今回も特に不具合も無く終了~。(そしてGTX465はサブPCへ。)

ベンチ
モンスターハンターのベンチマークの比較(右がGTX560Ti)。他のベンチマークもいろいろと試したかったのですが忙しくてコレしかやってません。

まぁでも性能が上がったことは一目瞭然なのでヨシとしましょう。

また時間があったらいろんなベンチを回してみたいと思います。


という事でグラボの換装でした。

では今回はコレマデ。

また会う日まで~。
完了


関連記事
[ 2011/11/12 02:28 ] パソコン自作とか全般。 | TB(0) | CM(0)

【自作PC】クリアケースNK-FT350E に入れて眺める。

ちょっと前の事なんですがサブ機として使用しているPCのケースを換えてみました。

NK-FT350E

アスクテックのNK-FT350E です。

リンク先を見て頂ければわかりますが、趣味の塊200%なクリアケースです。

関連記事
[ 2011/11/06 22:03 ] パソコン自作とか全般。 | TB(0) | CM(0)








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。