スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【自作PC】Let'sGO! Socket478。  その2

前回の果てしなく中途半端な日記の続きです。

動作試験
ようやくパーツもそろったのでさっそくこのマザボが「完動品」であるかのチェックを行います。

チェック方法はもちろん最小構成にて起動です。(BIOSまで立ち上がれば「完動品」という自分定義)

8IG1000.jpg
今回のワザモノは好きな人が見たら血沸き肉踊る一品GYGABITEのGA-8IG1000 Pro-Gです。

CPUソケット
コレがSocket478のCPUソケットです。

CPUソケット側に穴が開いていて剣山のようなピンがついたCPUを挿し込む感じですね。

画像をよく見るとわかると思いますが、ソケットの右上のほうの穴が2個ほど開いてません。
コレはCPUを挿し込む向きを間違えないようにする為です。たぶん。

CPUセット
CPUセット完了。

グリス
次にCPUにグリスを塗ります。最近では塗り伸ばし用のヘラが付属しているCPUファンもあるようですね。

私は昔からいらなくなった何の店だったかもまったくもって記憶に無いお店の会員証カードを使用してます。

グリスの量は多過ぎず少な過ぎずで。結局どんだけなんだか不明。

言うならば勘

伸ばし
縦に伸ばしたり横に伸ばしたりを気が遠くなる程繰り返し完了。

この作業はSocket478に限らず今のLGA1155でも同じです。気が遠くなるまで塗り伸ばしましょう。

CPUファン取付
CPUファン取付。

リテンション(黄色い部分)の両サイドの穴にツメを引っ掛けるように押し込みレバーにて固定。

けっこう簡単そうに見えますが、かなり硬くて難儀します
しかしながらリテールファンは比較的簡単なのです。

ファンメーカーで販売しているモノの中には強引な設計なモノがけっこうあって、親指の関節が90度程逆に曲がりそうになったセピア色な思い出があります。

メモリ取付
メモリ取付。

二枚挿入の際は同じ色のスロットに挿しましょう。デュアルチャンネル?体感でわかんね。と思っても同じ色に挿しましょう。

準備完了
電源ケーブル、VGAケーブル、マウス、キーボード接続。もちろん優れモノアイテムの手元スイッチも接続

このマザボ…というかこの時期のマザボのメイン電源は20PINを使用。なので+4PINははずします。

あともちろんマウスとキーボードはPS2接続

これで準備完了。あとは電源を投入するだけ。

電源
ここで電源についての基礎知識

ほとんどの電源ユニットにはコンセントを差し込むところの付近に「- 〇」と書いたスイッチがあります。「-」側がONになります。

このスイッチが「-」側及びコンセントが接続されている事ではじめてマザボに給電されます。

逆に、PCが起動していなくてもマザボに給電されている訳ですから、この状態でメモリやCPU、HDDのケーブル等には絶対さわってはいけません

作業は必ずコンセントを抜いて行いましょう。最悪パーツ故障、OS再インストールに陥る可能性があります。

BIOS立ち上がり

そして電源ON。BIOS無事立ち上がり~。

完動品確定

てなワケで今回もいい出品者からの落札品でした。(数年前の事ですが。)

それではこの完動品をオークションに流す算段でもしますか…と思ったのですが。

今回はこれで終わりません!!

と、切り返してみたりしましたが、めっさ眠いのと明日仕事で早起きなのでやっぱ続きは次回へ!


というワケで次回乞うご期待!!!zzz

関連記事
スポンサーサイト
[ 2011/12/02 01:04 ] パソコン自作とか全般。 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kimagury.blog.fc2.com/tb.php/10-11cab235










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。