スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【自作PC】サブPCの今後を考えてみるテスト。

CPU intel Core2Duo E6850をちょっぴりOCによって3.0GHz>3.6GHzにて使用する事となったサブ機。

サブ機
↑これ。

この画像を使うの何回目だろうという葛藤は微塵も感じませんが、このサブ機の今後について考えてみました。


購入

日頃の仕事での頑張りが評価されたのかボーナスがもらえました。

ということで、Z68マザーとCorei7 2600Kを買っちゃいました!!!

あとSSD 64GB、メモリDDR3-1600 4GBx2も購入。

ここにきて未だメイン機のスペックを晒した事が無い事に気付いたのでここで公表。

CPU:Corei5 2400
メモリ:DDR3-1333 4GBx4 計16GB
マザボ:ASRock H67M-GE
SSD:crucial RealSSD C300 CTFDDAC064MAG-1G1 64GB
HDD:SATA 200GB
グラボ:玄人志向 GF-GTX560TI-E1GHW GTX560Ti
電源:サイズ 剛力3プラグイン GOURIKI3-P-600A 600W
OS:Windows 7 Ultimate 64bit


まぁこのメイン機を作った時はZ68マザーがまだ発売されていなかったのと、OCをする気もなかったのでマザボをH67に、CPUも「K」無しにしたワケでして。

PC用途としてもリネージュⅡやドラゴンネストといったゲームのプレイやYouTubeの閲覧程度でしたので性能的には充分なモノでしたね。

しかしながらCorei7とCorei5の性能差についても知りたいと思っていたのも事実。

てなワケでメイン機をグレードアップさせるのではなく、サブ機をSandy Bridgeに入れ替える事に。

というかスペック的にサブ機とメイン機が逆転ですなw

解体
作業開始。このサブ機、この一ヶ月で何度ケースを開けたことだろう…と淡い思い出に浸ったり

P5K-E解体
マザボ解体。LGA775のソケット。LGA1155に見慣れてしまうとシンプルなものに見えてしまいますね。

マザボ
そして購入したマザボ。ASRockのZ68 Extreme3 Gen3です。詳しくはこちら

黒をベースとした色合いや金色のコンデンサを使用していることで、見た目的に高級感を漂わせています。
値段的には普通。

マザボ各部
バックパネルは普通、SATAはSATA3x2、SATA2x4とこれも標準的ですが充分です。

CPUセット
そしてやはり人生の10年分をここに捧げる勢いで慎重にCorei7を載っけます。

次に気が遠くなるまでグリスを塗り伸ばしCPUクーラーを装着します。
セレブな方はクレジットカードを使用されるのも趣があっていいですね。

メモリ装着
メモリ装着。

今回購入したメモリはCorsairのCMZ8GX3M2A1600C9 4GBx2 8GB です。

最小構成
とりあえず最低限マザボが完成したので基本の最小構成で起動テストです。

ちょっと話が逸れますが、YAH○Oの知恵袋という某質問サイトでよく見かける質問で

「初自作PCなのですが組み終わってケースの電源を押しても起動しません。何ででしょう?」

的な質問をよく見かけます。

まず自作PCでそんな質問すること自体アレなのですが、何故いきなりケースに組み込むのかが解せません。

身の程を知らないにも程がありますよね。100年早いという死語を使える数少ない機会(チャンス)ですね。

星一徹だったらちゃぶ台が天井に刺さっているところですよ。

とっとと全部売り払ってBTO買いに行k(ry。

話を元に戻します。

PWRスイッチ

最小構成での起動テストの為に電源スイッチが設置されています。傍らに写っている便利グッズも最早お役御免な存在に。時代の流れですねぇ。

またスタート時にPOSTの状態を表示するDr.Debug LED という7セグメントLEDがついています。

これは何らかのエラーで起動できなかった時等でかなり便利な物になると思いますね。コード表はマニュアルに書いてあります。英語ですが。

最小構成起動
BIOS起動成功。

だいたい不具合があるとしたらココで躓くと思うのですよ。まだこの時点だったらいくらでも不具合要因を調べられると思うんですけどね。

だいたい某質問サイトに質問する人ってめんどくさがりなんでしょうね。

めんどくさかったらとっとと全部売り払って(ry。

話を元に戻します。

マザボ組み込み
最小構成での起動が成功したのでケースに組み込んでいきます。

このマザボは普通のATXサイズより横幅が少し短いので、右の列はケースへの取り付けビスがありません。(スペーサも無いので浮いている)

なので24Pinのメイン電源コネクタを挿す時は、マザボの端を持ちながらでないと破損させる可能性がありますね。

組み込み
ケースのスイッチやLED、ファンのケーブル取り付け。

またメイン機からグラボGTX560Tiを奪って装着。そしてメイン機にGTX465が舞い戻り。

この時点でメインとサブが逆転です。

3,5インチベイ
SSDの取り付け。今回購入したものはCrucialの m4 CT064M4SSD2 64GB

このケースの3.5インチベイは前面のファンを外すと取り出せるようになっています。

一見便利そうに見えますがよくよく考えてみるとそうでもないので考えないようにしています

またガラクタ箱から引っ張り出してきたマウンタが2.5インチ>3.5インチのものだと思っていたら3.5インチ>5インチ用だったので3.5インチベイに入らず

しょうがないのでビス一点止めでぶら下げることに。まぁ振動するものでもないのでいいでしょう。

OSインスコ
ブルーレイドライブ(読込のみ)LGのCH12NS28 BL3 も購入し2ドライブに。

SATAをAHCIモードに設定してWindows 7 Home Premium をSSDにインストール。


てな感じでサブ機だったPCは生まれ変わり…

新メインPCの誕生です!!!

新メインPCのスペック。

CPU:Corei7 2600K
メモリ:DDR3-1600 4GBx2 計8GB
マザボ:ASRock Z68 Extreme3 Gen3
SSD:Crucial m4 CT064M4SSD2 64GB
HDD:SATA 160GB
グラボ:玄人志向 GF-GTX560TI-E1GHW GTX560Ti
電源:玄人志向 KRPW-P630W/85+ 630W
OS:Windows 7 Home Premium 64bit


元メイン機はそのままサブ機のあった場所へ移動。

ある意味下克上のようなものですね。


とまぁけっこうなハイペースでMyPCのスペックが変動したここ数ヶ月でしたね。

特にスペックに不満があったワケでは無いのですけどねぇ…(OCはネタです)

おそらく今のPC事情もスペック的に頭打ちしている感もあるので、もうこのスペックのまま数年は過ごす事になりそうです。

自分のPC用途からしても充分なスペックですからね。

まぁこれから先の事はわかりませんが、とりあえず今はこのSandy Bridgeでいろいろと遊んでみたいと思います。


というワケで今回はコレマデ。

ではまた~。


関連記事
スポンサーサイト
[ 2011/12/30 01:10 ] パソコン自作とか全般。 | TB(0) | CM(2)

No title

なるほど
ケースに入れる前に組んでしまえば良いのか…

自分も最近Core2Duoからi5-2500kに乗り換えてパーツほぼ全とっかえになりましたが、馬鹿正直にマニュアル通りケース内で狭い狭い言いながらピンセットとか引っ張り出して組んでました。幸い、一発起動できましたが起動しなかったら悪夢ですもんね。
[ 2012/01/09 13:31 ] [ 編集 ]

No title

ご訪問&書き込みありがとうございます^^

マザーボードの組み立ては基本的にケースの外で行いますねぇ。
私はマザボをケースにビス止めしたら二度と取り外したくなくなる性格なので、最少構成での起動テストをケースに入れる前に行ってできる限りの手間を省くようにしてますw

でも最近は相性問題とかほとんど無くて一発起動できているので、製品自体の安定性が増しているんですかねぇ。
まぁいい意味でゆとり仕様になってきたんでしょうねw
[ 2012/01/09 21:52 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kimagury.blog.fc2.com/tb.php/15-988b58c0










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。