スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【自作PC】USB3.0フラッシュメモリーをシバく。

結局家ではすっかり放置なスマホの今日この頃きまぐれですコンバンハ。

そういえばPCをSandy Bridgeにしてから一度もUSB3.0を使用してないことに最近気付いたので、先日ヤ〇ダ電機に行った際にこんなモノを買ってきました。

USBメモリ
USB3.0のフラッシュメモリーです。


このフラッシュメモリーをUSB2.0(ケースのフロントパネル)とUSB3.0(マザボのバックパネル)に接続してCrystalDiskMarkにて速度を測定してみたいと思います。

使用するPCのスペックは↓

CPU:Corei7 2600K(OC 4.4GHz)
メモリ:DDR3-1600 4GBx2 計8GB
マザボ:ASRock Z68 Extreme3 Gen3
SSD:Crucial m4 CT064M4SSD2 64GB
HDD:SATA 160GB + 1TB
グラボ:玄人志向 GF-GTX560TI-E1GHW GTX560Ti
電源:玄人志向 KRPW-P630W/85+ 630W
OS:Windows 7 Home Premium 64bit


ASRockのマザーボードにはXFast USBというUSB速度を高速化する機能が付いています。

XFast Turbo
無効(Normal)、有効(Turbo)の設定ができるようです。

ToolSetup.jpg
また、フラッシュメモリーにもTurbo PCという高速化するソフトが付属してます。

まぁ付属というかBUFFALOのサイトからダウンロードする権利(型番とシリアルナンバーを入力)が付いているって感じですね。

とりあえずこれらの高速化ソフトの効果なんかもわかるように測定していきたいと思います。




・USB2.0接続

2.0 Off Off
XFast USB → OFF  Turbo PC → OFF

2.0 On Off
XFast USB → ON  Turbo PC → OFF

SequentialReadとRandom Read 512KB が向上しましたね。

2.0 On On
XFast USB → ON  Turbo PC → ON

Random Write 4KBが向上。




・USB3.0接続

3.0 Off Off
XFast USB → OFF  Turbo PC → OFF

なんかもう数値が別物ですね。

3.0 Off On
XFast USB → OFF  Turbo PC → ON

3.0 On On
XFast USB → ON  Turbo PC → ON

見た感じXFast USBの機能はTurbo PCに食われている感じがしますね。
でもまぁ消すのもめんどうだしこのままでいいy




結果としては数値を見る限り読み込み速度が格段の差ですね。

それに比べ書き込み速度は…。

コレで正常なのか不明。

私のPC環境が悪いのか一番安かったフラッシュメモリーを使ったのが悪いのか…はたまたコレが仕様なのかはわかりませんが、「USB3.0はUSB2.0とは違う」という事はわかりました。

これで余は満足です。

あと番外編でコチラも試してみました。




・HDDのTurbo PC効果

使用したHDDはSamsung HD103SJ 1TB

HDD TB Off
Turbo PC OFF。

HDD TB On
どうもTurbo PCはRandom Write 4KBを向上させるのが特徴のような感じですね。




まぁいろいろとやってみましたが、数値的にですが速度を向上させるソフトもそれなりに効果があるというのがわかったのは収穫でしたね。

しかしながら先程も書きましたが、私のPC以外の環境ではまた違った結果が出る可能性もあるので、あくまで参考程度に留めておいてくださいね。


てな感じで今回はコレマデで。

ではではまた~。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2012/04/22 23:35 ] パソコン自作とか全般。 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kimagury.blog.fc2.com/tb.php/28-7ce18dee










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。