スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【自作PC】Z9 Plus & Ivy BridgeでPC自作。(第一話)

前回の久々の自作PC制作ですっかりご満悦なきまぐれですコンニチハ。

やっぱそれなりに腰が痛くなったりしますが楽しいですね。

そのPCの納入を終えたのも束の間、別の同僚からPC制作の依頼が。

しかも今回はゲーミングPC

でもそれほどハードユーザーというワケでもないとの事。

まぁ自分と同じくらいのレベルと思ってさっそく制作開始です。
パーツ
使用したパーツの数々。

Z9 Plus
そして使用したケースはZalmanのZ9 Plus
実は巷で人気No.1という事で前々から実際に使ってみたいと思ってたんですよね。

夢が叶った瞬間です。

では組んでいきましょう。

Corei5.jpg
使用したCPUはCore i5 3570K  最大周波数3.8GHZ Ivy Bridgeです。

Core i7と迷いましたがゲーム目的がほとんどな上ハードユーザーでもないという事でコレに。

1万円の差は大きいですからね。

Z77 Ex4
マザボはAsrockのZ77 Extreme4

お値段もお手頃でスタンダードなマザボ。ある程度の機能は備わっていると思います。

Z77 Ex4-2
マザボ各部。コネクタ類は多過ぎず少な過ぎずでいい感じ。

バックパネルにUSB3.0が4個(青色のUSBコネクタ)もあってステキ。また、ケースのフロントパネル用のUSB3.0ポートも1個有。

SATA3コネクタも4個装備。
ただ1個はバックパネルのeSATA3との排他利用なのでシステムデバイスはSATA_0か1を使用するのが吉。

CPU装着
そして命を懸ける勢いでCPU装着。

Sandy Bridgeの時のようにメリメリっと5歳くらい老けそうな音はしなかったですね。

CPUファン
CPUファンはZalmanのCNPS9900 MAX Blue LEDです。

めっさデカイです。

CPUファン2

CPUファン3
取付はプッシュ式のモノと比較してめんどくささと毛の抜ける量が約4倍程度でしょうか。

まぁ人それぞれ個人差があると思いますので参考程度で。

マザボ 完成
メモリを装着してマザボ完成。

メモリは私も使用しているCorsairのCMZ8GX3M2A1600C9 4GBx2 計8GB 。

最小構成テスト
とりあえずマザボが完成したので、いつもの基本の最小構成でテストです。

マザボ上に電源のボタンがあるってほんとスバラシイですよね。

UEFI.jpg
UEFI(BIOS)無事立ち上がり。

Z77になってかどうかは不明ですが、カラフルになりましたね。


そしてケースに組み込んでいくのですが、中の人の気力低下及びタバコと抜けた毛の本数が規定量に達した為、この続きはまた今度に!


というワケで今回はこれまでで~。

早めの更新、努力します。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2012/07/21 15:38 ] パソコン自作とか全般。 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kimagury.blog.fc2.com/tb.php/35-d2822921










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。